Recent Posts

Welcome to H. Fujimoto-Lab

こちらのページは藤本研への進学、配属を希望される学生の皆さんへ向けたページです。 簡単な藤本研の概要と研究室生活について紹介します。また、研究室で過ごして行くうちに身につくスキルや、勉強会の内容について簡単に説明します。また、卒業生の進路なども掲載していますので、参考にしてください。

 

藤本博志研はこんな研究室です


★ 研究室の歴史
本研究室は2004年4月に横浜国立大学にて始動し2010年4月に東京大学柏キャンパスに移転しました。
研究分野が近い堀研究室とは合同発表会・勉強会やコンパなどがあり,共同運営をしております。

★ どんな研究をしていますか?
研究分野は、制御理論とその応用、ディジタル制御、モーションコントロール, ロボティクス, 電気自動車の運動制御 などです。 制御理論は,ロボットや各種モータ,NC工作機・磁気及び光ディスク装置などメカトロ機器,自動車や電車・航空機の運動制御,圧延機や工場のプラントに至るまで,広範な分野で活躍している強力なツールです。これらの制御アルゴリズムは今やコンピュータ上で実装されるのが標準となっており,より高い制御性能を得るために高度なアルゴリズムの開発が急務となっています。本研究室では新しい制御理論の開発と,それを実際の装置に適用する研究を進めます。具体的な研究内容はこちら。

★ 研究室の方針は?
当然ですが、研究室は学生のためにあります。学生が主役の元気の良い研究室を作りたいと思っています。研究の楽しさを伝え、やる気のある学生をどんどんサポートします。見学も大歓迎。

★ 研究の進め方はどうなっていますか?
研究立ち上げ時期は週に数回の勉強会と個別打ち合わせ、研究室発表会で議論を進めます。成果が出れば国内外の学会で発表できます。電機系企業や自動車メーカ,他大学との交流も多々あり。共同研究で、他研究機関に数週間滞在して実験する機会もあり。普通では絶対に見られないトップ企業の最先端研究現場での共同研究の経験は、学生を一流の研究者に成長させます。「何でも挑戦してやろう」という元気な学生を募集します。

★ 研究室のメンバー構成はどうなっていますか?
2010年4月現在,Drが3名(含む社会人Dr1名),Mが8名(含む横浜国立大学共同研究学生4名),B4が3名(堀・藤本研)が配属されています。M2,Drは東京大学特別研究学生です。 大学院生11名のうち,他大学出身者&高専出身者もいます。

★ 制御工学に興味のある方に
・制御工学はとても幅が広い学問です。基礎となる数学から、古典及び現代制御理論・アドバンスド制御、ソフトからハードまで広く深く身につきます。あらゆる製品に必要な横断的な学問であることから、「制御技術者は潰しがきく」と言われており、将来的に幅広い分野で活躍したい学生にお勧めです。「ものを動かす」という分かりやすい研究分野ですが、まずは制御理論とその実装技術を基礎から徹底的に習得します。

★ 修士・博士から配属希望の方
・大学院新領域創成科学研究科先端エネルギー工学専攻(柏キャンパス),大学院工学系研究科電気系工学専攻(本郷キャンパス)のどちらの専攻からも配属可能です。 大学院からの配属を希望される方は事前に藤本先生(E-mail: fujimoto[at]k.u-tokyo.ac.jp)に連絡してください。

  

各種勉強会について

藤本博志研では、各研究テーマに沿った勉強会を毎年行っています。 年度によってテーマが増えたりすることがありますが、その時に必要であると思われるテーマを柔軟に取り入れています。もちろん、基礎となる『制御工学』と『パワーエレクトロニクス』についての勉強会は毎年行われています。この勉強会を通して、新たに配属された学生に基本知識が身に付きます。

★勉強会の概要は以下になります。

@ 制御勉強会
     堀研と合同で行います。古典制御から現代制御までの制御を学びます。
     大学院生が中心となって運営しています。内容は、座学が中心となります。
     毎週、勉強会の内容に沿った課題を提出してもらいます。
     MatlabやCによるシミュレーションも課題として出されます。

A パワエレ勉強会
     堀研と合同で行います。座学となります。パワエレの基礎知識を身に付けます。

B チョッパ勉強会
     FPGAを使ってチョッパを作成します。また、1人1個のチョッパを作成します。
     最後に、作成したチョッパを用いてDCモータを駆動します。
     その結果を評価します(モータの回転、ハンダ付けなど)。

C インバータ勉強会
     DSPを使ってインバータを制御して、PMモータを回します。
     DSPの機能であるADコンバータの使い方とPWM生成法を学ぶ。
     インバータに必要な主回路部、ゲートドライブ部、センサモニタ部、
     保護回路部、制御電源部について学習します。

D ロボット勉強会
     ロボット工学とビジュアルサーボ技術の基礎について学びます。
     内容は座学が中心で、藤本博志研のメンバーのみが対象です。
     教科書は「モーションコントロール:島田明,オーム社出版」を採用し、
     第4・5・8章の内容に沿って講義します。
     
    

 

ある学生の1日

ある学生の1日をかいつまんでお伝えしてみます。

 10:00 : 研究室にやってくる。メールチェックなど。研究開始。
 12:50 : 先生と皆で昼ごはんを学食に食べに行く。
 13:20 : 研究室に戻る。眠気を気力で押さえて研究に励む。エンジンが暖まる。
 18:30 : 晩飯を食べに行く(学食or弁当)。
 19:30 : 研究再開。
 21:00 : お疲れ様でした。いい汗かいた。


  

おおまかな年間スケジュール

大学院生
  4月中旬 : 新メンバー顔合わせ、新歓飲み。
  4月下旬 : 勉強会スタート。国際会議の締切りに追われる。
  5月   : 電気学会産業応用部門大会の締切りに追われる。
  6月   : つつがなく過ごす。
  7月   : つつがなく過ごす。
  7月末  : 勉強会終了。お疲れ様でした。
  8月初旬 : 院輪講、中間発表に追われる。
  8月下旬 : 電気学会産業応用部門大会で発表する。打上げ飲み。
  9月   : パワエレミーティング参加。
 10月   : つつがなく過ごす。
 11月   : 国際会議で発表する。英語に慌てふためく。
 12月   : 忘年会で羽目をはずす。
  1月   : お正月。骨休め。
  2月   : 電気学会産業計測制御研究会の締切りに追われる。
  3月   : 電気学会産業計測制御研究会で発表する。修論などをまとめる。


  

卒業生の進路

現在までの卒業生の進路です。

★平成17年度卒業生
   学部2名: 野村證券、東京大学大学院進学

★平成18年度卒業生
   修士6名: 三菱自動車、Canon、日産自動車、本田技研工業、トヨタ自動車、デンソー

★平成19年度卒業生
   学部2名: 森精機、きんでん
   修士3名: アイル、三菱電機、トヨタ自動車

★平成20年度卒業生
   学部1名: 日産自動車
   修士6名: 中国電力、シャープ、リコー、パイオニア、ニコン、日産自動車

  

 
Design downloaded from Free Templates - your source for free web templates